上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク
弱視 とは?



医学的には臓器、神経、器官などの組織に

異常や変化が起こって生じる器質的疾患のない場合が多い視力低下のこと。

斜視弱視、屈折異常弱視などがある。




「 盲 」 は、光覚すら消失しているのに対し、

弱視というのは視機能を保有している為、盲とは違う扱いになる。




視覚による日常生活は可能だが著しく不自由である。



多くの弱視者が光に対して眩しさを訴えやすく、よく晴れた天気の良いの日には見づらくなるため、
歩行移動に不自由をきたす。



視力が0.01あれば、何とか屋外歩行が出来るといわれているが、

白杖などの使用方法を習得する必要がある。



治療法には屈折矯正・健眼遮蔽などがあり、出来るだけ視力の発達期にしたほうが良い。
関連記事
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ     にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ       ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

Thoughts on スポンサーサイト弱視

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。